桑名・いなべの便利屋さん 粗大ごみの処分や遺品整理はお任せください。

桑名・いなべの便利屋さん生活総合サービス企業組合は開業2003年より不用品回収、粗大ゴミ処分、お家のリフォーム、公営住宅等の営繕修繕工事や大手賃貸アパーの原状回復の実績が年間300件を超し。2015年度からは新サービス「遺品整理サービス」を開設、生前整理、介護施設への入退去時の福祉整理などお客様の生活全般の不便解消隊として日々活動しています。

桑名・いなべの便利屋さん 粗大ごみの処分や遺品整理はお任せください。 イメージ画像
粗大ゴミ・不用品処理をはじめ遺品整理やハウスクリーニング、お家のリフォームまであなたの快適生活のお手伝いをさせて頂きます!
生活便利お役たち情報も発信していますのでご覧ください。
タンス、ベッド、テレビなどの単品の回収もお気軽にお問い合わせください。
トップページ > 空き家対策

空き家対策

昨年5月の空き家対策特別措置法の施行から所有者が判明している物件では初めての強制撤去 放置された空き家の増加が問題となるなか、東京・葛飾区は、倒壊のおそれがあるとして解体を求めてきたものの所有者が応じなかった空き家について、特別措置法に基づき強制的に撤去
『空き家の所有者がハッキリしている空き家で初めての強制撤去される』の画像

他人事では済まされない各報道機関によると、神奈川県横須賀市は11月26日、今年5月に全面施行された空き家対策特別措置法に基づき、老朽化により倒壊の恐れがある所有者不明の空き家を行政代執行で取り壊す作業を始めた。横須賀市によると、特措法に基づく取り壊しは全国初
『全国初!倒壊恐れの空き家の解体 空き家対策特別措置法で全国初の行政代行(横須賀市)』の画像

最近よく言われる「空き家対策特別措置法」の加減で、「特定空き家」に指名されそうなのです。国の方針でですと。 「特定空家等」とは、 ① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態 ② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態 ③ 適切な管理が行われないことにより
『地域やご近所さんに「こんな放置された空き家」はありませんが?』の画像

所有者不明、自治会・行政連携を 空き家の増加に伴って県内でも相次いで登場した空き家管理代行サービスの利用が進んでいない。5月に「空家対策特別措置法」が全面施行され、自治体が危険な空き家の解体や修繕などを勧告・命令できるようになった。国も適切な管理の重要性
『空き家対策 所有者不明、自治会・行政連携を』の画像

愛媛新聞よると愛媛県司法書士会などでつくる日本司法書士会連合会は23日午前10時~午後4時半、電話相談「全国空き家問題110番」を実施する。電話番号は03(3354)8771。  総務省によると、2013年の空き家率は全国で13.5%(820万戸)。愛媛

↑このページのトップヘ