21f0b8636f22103df6e88ddfd3199e70_s

粗大ごみと市が収集しないもの

家庭から排出されるごみは、燃やせるごみ・資源ごみ・リサイクルごみ・ガラスなどのごみ・粗大ごみなど様々に分類されていて、ごみの分別・処分方法に関してはルールが決まっています。

家庭から出る一般的なごみは、指定されている日に出すと収集してくれますが、粗大ごみの処分は違うのでルールや処分方法を理解しておく必要があります。

粗大ごみとして分類されるものは、家庭から出るごみで指定されている袋に入らないものですが、桑名市で収集しないものもあって、それらに関しては販売店や専門業者に処理を依頼して処分することになります。

収集しないものとしては、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・パソコンなどの家電リサイクル法対象商品です。

また、除湿機・冷風機・太陽熱ヒーター・ピアノ・バイク・バッテリー・タイヤなどの適正処理困難物、消火器・ガスボンベ・農薬類などの危険物も該当します。

それから粗大ゴミではありませんが、事業系一般廃棄物や産業廃棄物も収集していません。

桑名市で収集する粗大ごみの申し込み方法と出し方

桑名市で収集する粗大ごみを処分するためには、粗大ごみ受付センターへ1週間前までに電話で申し込みする必要があります。

ここで注意したいのが申込先で、市役所ではなく粗大ごみ受付センターという点です。

粗大ごみ受付センター(Tel: 21-4649)

粗大ごみ受付センターに申し込みすると、センターで受付番号・収集日・粗大ごみシールの枚数と金額などを知らせてくれるので、メモを用意しておいて書いておくと良いでしょう。

次に桑名市廃棄物処理券取扱店で粗大ごみ受付センターから知らされた金額の粗大ごみシールを購入し、そのシールに氏名か受付番号・収集日を記入して粗大ごみに貼ります。

桑名市廃棄物処理券取扱店一覧(桑名地区)PDFファイル

桑名市廃棄物処理券取扱店一覧(多度地区・長島地区)PDFファイル

あとは収集当日の朝8時30分までに粗大ごみを指定した場所に出すだけで、収集に関しては立ち合いは不要です。

収集以外の出し方となる桑名広域清掃事業組合への直接搬入

桑名市で収集する粗大ごみの出し方以外に、桑名広域清掃事業組合(リサイクルの森)へ直接持ち込むといった方法があります。

桑名広域清掃事業組合(リサイクルの森)ホームページへのリンク

ただ可燃性粗大ごみ・不燃性粗大ごみ・その他粗大ごみに分類されていますし、それぞれに出し方のルールとマナーがあるので知っておく必要があります。

テーブルやタンスなどの大型の木製家具・木くず・プラスチック製品などが可燃性粗大ごみの対象になります。木くずや角材などは長さ1.5m以下で太さ30cm以下にする必要があって、金属やガラスなどの不燃物をできる限り取り外すルールになっています。

ガスコンロ・ストーブ・自転車など不燃性ごみに該当する大型製品などが不燃性粗大ごみの対象になって、灯油などの燃料に関しては必ず抜き取って出すのがルールです。

ふとんやソファーなど前処理が必要なために処理困難なごみがその他粗大ごみの対象で、金属などの不燃物はできる限り取り外して出すのがマナーです。

いかがでしたでしょうか。

また桑名市では「無料をうたう不用品回収業者を利用しないでください」と注意喚起がなされております。

 近頃、ご家庭から出る廃家電等を軽トラック等で無料回収する、あるいは、空き地などに持ち込み場所を開設して、廃家電等を回収している業者がありますが、ほとんどが違法業者の可能性があります。
 不用品等の廃棄物を収集・運搬・処分するに当たっては法律に基づいて許可が必要となります。この許可を得ない無許可業者に回収・処分を依頼することも廃棄物処理法違反となり、「5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処し、またはこれを併科する」と罰則の対象となります。

桑名市ホームページより引用(http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,51491,224,343,html)

あと実際にあったトラブル事例などが掲載されていますので一度ご参照して頂きたいと思います。

私共、生活総合サービス企業組合では一般廃棄物収集運搬の許可をはじめ遺品整理士や古物商の許可などを取得しておりますので安心してお問い合わせ、ご利用いただけますのでご安心ください。

まだまだ説明しきれていませんが、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。